Android SDKのインストールとセットアップ 2

前回の準備から2週間(前回の記事はこちら)、時間が出来たので続きをはじめます

まずは、ADV(Android Virtual Device)を定義して、エミュレータを起動できるまでやります。

実際には、ただのtextファイルをgenerateするだけなので、気構える必要はありませんでした。

まずは、

C:\android\android-sdk-windows\SDK Setup.exe

を起動Virtual Devicesのタブを開き、Newボタンを押下します。

下のような、画面が出てくるのでとりあえず今回は Android 2.0を選択します。(それより新しい奴は、日本語セット未対応だったため)

名前はtestにしてみました

AndroidManager
AndroidManager

準備が出来たら、Startボタンを押下します。

AndroidManager
AndroidManager

エミュレータが起動します。実際には

C:\android\android-sdk-windows\tools>emulator.exe -avd test

を、キックしているようです。

AndroidManagerからemulator.exeを起動
AndroidManagerからemulator.exeを起動

PCのスペックが良くないのか、初回起動のときはtimeoutしてしまいました。

waitボタンを押して辛抱強く待っていると

AndroidManagerからemulator.exeを起動
AndroidManagerからemulator.exeを起動

起動しました。

AndroidManagerからemulator.exeを起動
AndroidManagerからemulator.exeを起動

今日のところはここまで。次回に続きます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中